So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

最新の記事等 [研究日誌]

ご訪問、ご参照頂きましてありがとうございます。

street-car.JPG

最近の記事:
ジェダイのいないスターウォーズ2<映画『ローグ・ワン』>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-05-03-1

このまま帰りたくない<珍しく二人きりでランチ>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-05-02-1

遺伝子設計作物の異常<藤井太洋『Gene Mapper -full build-』>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-05-01-1

ステーキに始まり、ステーキに終わった4月<今日もブルー>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-30-2

第2世代へ<アップルウォッチシリーズ2>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-24-1

本場のハム<イタリアフェア>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-25-1

ジェダイのいないスターウォーズ1<映画『ローグ・ワン』>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-29-1


901から964へと続く911はこの斜め後ろからの眺めが一番好きです。
rear-quarter-small.jpg


共通テーマ:自動車

ジェダイのいないスターウォーズ2<映画『ローグ・ワン』> [Movies 映画]

ブルーレイディスクを購入したので、何度も見ていますが、『ローグ・ワン』は冒険らしい冒険物語に出来上がっていたのが、人気の出た理由のように思います。

「旅は道連れ」的に、行く先々で出会った人たちが仲間となり、旅をつづけ、やがては目的を達する、英語でいえば「road movie」の要素をきちんと詰め込んだところが冒険映画として成功した理由ではないでしょうか。

ジェダイが出ていない。それではジェダイの武器であるカイバー・クリスタルの産地であり、聖地の一つであるジェダの町(町自体が巨大な寺院と言える)を守っているのは誰かと言いますと、この映画にも登場する「ウィルズの守護者」たちです。

彼ら守護者たちはフォースが使えるわけではないが、それを信じて、修行し、ジェダの町を守っているのです。傭兵のように考えることもできますが、チアルート・イムウェのようにフォースを信じている者もいます。

この作品で、個人的にはダースベーダーのシーンが最もよかったと思っています。ジェダイが出ていない映画だと言いつつも、他を圧倒する強さの元ジェダイにしてシスの暗黒卿ダースベーダーの登場は期待していたファンにはたまらないものがあったでしょう。

暗闇に赤いライトセーバーが光り、黒いボディを照らしている登場シーンは反乱軍の兵士にはとてつもない恐怖を与えたでしょうね。

明日は5月4日「May the Fourth」ですが、スターウォーズのファンにとっては「may the force (be with you)」の日です。全米で、いや世界中でイベントが展開されますが、やはりストームトルーパーのマーチ(行進)が目を引くでしょうね。

なお、私は明日から38度線見学に行ってきます。それと念のために書いておきますと、板門店には韓国料理屋も中華料理屋もありません。
journey.JPG

2017/05/03<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

このまま帰りたくない<珍しく二人きりでランチ> [oz日記]

前々から硝子(しょうこ)君と約束していたランチに行ってきました。地元のフランス料理屋さんで、ランチの時間には手ごろな価格ながら、本格的な料理を出してくれるということで大人気。いつも混んでいます。

一流私立大学を優秀な成績で卒業して、バリバリ働いている硝子君ですが、お嬢様のせいか、時々人とは違うセンスを見せてくれます。感心したり、笑ってしまったりするエピソードを提供するオフィスの人気者です。

彼女の面白い行動の一つは、自分から誘ってきても、誰かに誘われても、必ず彼女の同期の高山君を一緒に誘うことです。実は彼女たち二人は交際していて、自分はやましい行動をとっていないことを見せつけたいからなのか、ただ単に同期で仲が良いだけなのかは不明です。

毎回、高山君もその誘いに応じている点もなかなか面白いのです。彼は「なんか僕が来るのが当然みたいになっているんですよね」と困ったような困ってないような発言をします。

確かに同期入社で現役で上がってきたのは硝子君(境内)と高山君(灯台)だけで、他は浪人、留年、留学、大学院卒等で年齢が若干上だったりします。

これまでは上記の「同伴行動」が必ず発動され、3人でお昼を食べたり、祭りに出かけたりしました。

ところが今日はニコニコしながら硝子君一人できました。二人でオフィスビルのロビーを横切る時に、オフィスのいろいろな人に目撃されましたが、まぁ、どうでもいいでしょう。下らない噂をする人は何もなくても噂をしますからね。

料理はちゃんとしていてうれしかったです。前菜、メイン、デザートまであります。私自身はこのレストランが久しぶりでしたが、相変わらずいい仕事をしています。

<鶏レバーのムース>
0502liver-paste.JPG
<骨付き子羊の背肉のソテー>
0502lamb.JPG
<クレームブリュレ>
0502creme-brulee.JPG

肉食女子の硝子君は豚バラ肉のプラム煮を選んでいました。ここで気を付けないといけないのは、私の用語の使い方が間違っているからです。

「肉食女子(にくしょくじょし)」というのは、恋愛セックスに積極的な女性を指した造語で、魚よりも肉を好んで食べる女性のことではないとwikipediaにも書いてあります。好色とまではいかないが、男性に対して積極的との意味合いが強い言葉のようです。

硝子君は私が外国暮らしが長くて、こういう用語に対して「浦島太郎」なのを分かっていて笑ってくれます。でも、今後は気を付けないといけないと思いました。

楽しく食べて、米国の人気ドラマの話をしながらオフィスに向かいます。

昨日のゲリラ豪雨のようなこともなく、好天を満喫。できればオフィスに帰らず、そのまま硝子君とずっと散歩を続けたかった。

(次回のお食事は、彼女の誕生日に、ということになりました。そこで高山君が登場するか、ある意味、楽しみです。)

2017/05/02<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

遺伝子設計作物の異常<藤井太洋『Gene Mapper -full build-』> [本棚]

病気や害虫に強い遺伝子操作で作り出された作物が存在する世界。同時にインターネットに問題が発生して、インターネット自体が機能しない未来の世界。

主人公・林田はこういう世界で、遺伝子操作作物をデザインしているが、彼がデザインした稲穂に異常が発生し、それを調査するため、ホーチミンを訪れ、想像を大幅に上回る問題に直面する。

食の安全を求めて急激に遺伝子操作された作物が普通に栽培、販売、流通している世界は遠くない未来には実現している可能性が高いです。

特に世界の人口増加のスピードと食糧増産のスピードの差が広がっていく中では、将来必要な措置となるように思えます。

登場人物には遺伝子操作作物で健康を害した者もいれば、遺伝子操作作物を敵視する連中、バイオテロを企む環境テロ組織などが入り乱れて、この遺伝子操作作物の未来を左右しようとします。

近未来を舞台とする面白い小説であると同時に、電子書籍として、自費出版されたことも話題となった作品です。

gene-mapper-full-build.JPG
<本のデータ>
ISBN 978-4-1503-1107-0
「Gene Mapper -full build-」
藤井 太洋 (著)
<内容紹介、BOOKデータベースより>
拡張現実が広く社会に浸透し、フルスクラッチで遺伝子設計された蒸留作物が食卓の主役である近未来。遺伝子デザイナーの林田は、L&B社のエージェント黒川から自分が遺伝子設計した稲が遺伝子崩壊した可能性があるとの連絡を受け原因究明にあたる。ハッカーのキタムラの協力を得た林田は、黒川と共に稲の謎を追うためホーチミンを目指すが―電子書籍の個人出版がたちまちベストセラーとなった話題作の増補改稿完全版。

2017/05/01<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

ステーキに始まり、ステーキに終わった4月<今日もブルー> [oz日記]

もうずいぶん前からステーキを食べに行こうと話していた会社の同僚とようやく行けました。

今回のメンバーは新部署の同僚とその奥さん、同じく同僚とそのお子さん2人、以前この部署にいた同僚。つまり、この3人は以前一緒に働いていた人たちなのです。

私はいつもと同じ組み合わせで、ツナタルタルとフィレミニヨン。同じ月の中でしたので、セットデザートは同じでした。

<パン:ポップオーバー>
0430popover.JPG
<ツナタルタル>
0430tuna-tartar.JPG
<フィレミニヨン>中がほとんど生の「ブルー」
0430filet-mignon.JPG
手作りジンジャーエール>
0430home-made-gingerale.JPG
<デザート>
0430dessert.JPG

参加した人には満足いただけたようです。

2017/04/30<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ジェダイのいないスターウォーズ1<映画『ローグ・ワン』> [Movies 映画]

昨年12月に公開された『ローグ・ワン』はいい作品でした。スターウォーズの世界では重要なジェダイが登場しないということで、「スターウォーズ=ジェダイ」という認識の観客には若干不評だったようです。

私はよくできた作品だと思いましたので、今回は発売後すぐにブルーレイディスクを購入しました。

こういった作品の好きな甥っ子と購入後、自宅で一緒に観ました。

作品の初めの方で、公開時に気が付かなかったことに、岩山だと思っていたものが、どうも倒れた古代のジェダイの石像のようなのです。

こういうことはビデオが発売されて、じっくり見られるようになると分かることであり、発見する楽しみだと思います。

ツタヤのレンタルコーナーには何十本と用意されていましたが、全部「貸出中」になっているところを見ると、楽しみにしていた人はかなりいるようです。

さて、前回の記事(*)にも書きましたが、「外伝」ですので、「正史」には登場しない物語となるだろうとの考えは当たっているように思います。

*前回の記事:『いいね、Star Warsの外伝「Rogue One」!<映画「ローグ・ワン」(2016)>』http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2016-12-17-1

なぜそう思うかと言いますと、公開された「エピソード4・新たなる希望」では、この作戦について一切言及されていません。

この作品にも登場するモスマ司令官は全く言及しませんし、ベイル・オルガナ議員はオールデランとともに死んでしまいます。レイアも言及しませんし、エピソード4最後の表彰式でも「知られざる名もなき戦士たち」への言及も表彰もありません。

まさに隠密作戦、それとも闇のかなたに葬られた影の歴史なのか。

作中、ブラックユーモアもあって、ドニー・イェン演じる盲目の戦士チアルート・イムウェがソウ・ゲレラ(フォレスト・ウィテカー)のところに連れて行かれる場面で、目隠しをされますが、その際チアルートは「本気か?俺は盲目だぞ」と叫びます。

(データ)
Rogue One: A Star Wars Story (2016)
Lucasfilm, Walt Disney Studios Motion Pictures
director: Gareth Edwards, 134 Mns
starring: Felicity Jones, Diego Luna, Alan Tudyk, Donnie Yen, Wen Jiang, Ben Mendelsohn, Forest Whitaker, Riz Ahmed, Mads Mikkelsen, Jimmy Smits
(あらすじ)
盗賊ジンは反乱軍モスマ司令官に帝国軍の新兵器の設計図奪取を依頼される。ジンの父ゲイレンが新兵器の設計者であり、師ソウ・ゲレラが帝国に対する反乱勢力の中心人物の一人だ。ジンは作戦の途中で出会った仲間とともに困難な依頼に立ち向かっていく。

2017/04/29<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

色の変化が楽しい<バタフライピーティー2> [oz日記]

先日(4/19)書きましたバタフライピーティーですが、今日もアジア料理屋で頂きましたので、違いが分かるような配置にして撮影しました。

左の青い液体が淹れたバタフライピーティーです。少し遠い位置にあるのがレモンです。レモンをティーカップに少し絞って入れます。
butterfly-pea-tea20170428.JPG
右手前がそのレモンの汁を淹れたティーカップにバタフライピーティーを入れた結果です。鮮やかな紫色になります。

2017/04/28<曇>
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

多いのか、少ないのか<転職話> [oz日記]

平均すると、月に一回程度は転職話が舞い込んできます。

基本的にはヘッドハンターがどういう経歴の人が欲しいか分かっていますし、最近は転職用のサイトで結構調べていたりします。

昔は話し込んでいくと自分の希望と会社の希望がミスマッチを起こしていることが分かって、断ったり、断られたりしたものです。

しかし、転職サイトの発達で経歴も希望している業界や年収もはっきりしているので、変な探り合いで時間を無駄にすることも減りました。

ただ、金融危機以降金融機関の破たんや合併等でポストが減っているため、どこも椅子取りゲームみたいになっています。

自分も今では一アナリストではなく、アナリスト部門の長というポストが合うようになっています。

ところが、実際には部門長の椅子というのは非常に限られていて、しかも、ライバルは国内の人だけでなく、海外の人材もその椅子に座ることがありますので、競争という意味ではさらに激しくなっています。

すぐに転職するということではないが、転職市場がどうなっているか聞いておく価値はありますので、機会があればエイジェントやヘッドハンターにはなるべく会うようにしています。

2月は4つ、3月は1つ、4月も1つ。多いのか少ないのかはわかりませんが、市場価値を維持するよう努力を続けないといけないことは自覚しています。

salad-20170427.JPG
写真は本文とは関係ありません)

2017/04/27<曇>
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

同じ大学、移転した大学<ルーツその3> [oz日記]

street-car-new.JPG

私が学生の頃よく都電を使っていました。父も同じ大学だったので、多分よく使ったと思います。

昔は都電があちこち走っていたのですが、順次バスにとって代わられました。最も影響を受けにくい下町を走る荒川線が残ったのだろうと思います。

この沿線に自分の大学や妹の大学があり、下町を抜けていくスピードが心地よかったのです。

私が大学受験で受けた別の大学も都電の沿線にあったのですが、数年前に郊外に移転してなくなっていました。。。

正直びっくりしました。今は公園になっているらしいのですが、災害時には避難場所として指定されているとも。

確かに東京は人がたくさんいすぎて、いざ大災害が発生した時、避難所として収容するスペースがありません。そういう意味では移転できる大学を郊外に移して公園にしておいたのは賢い選択でしょう。

2017/04/26<晴>
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

本場のハム<イタリアフェア> [oz日記]

近くのショッピングセンターで青空イタリアフェアを開催しておりまして、いくつかのレストランワイン屋さんがテントを出していました。
italian-ham-whole.jpg
店頭にイタリアハムを出しているところがあり、店主と話をしながら、切ってもらいました。
italian-ham-up.jpg
本当は隣のテント(店舗)でワインを購入して一緒に楽しみたかったのですが、その後に人と会う約束をしていたため、断念。

2017/04/25<曇>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -