So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

最新の記事等 [研究日誌]

ご訪問、ご参照頂きましてありがとうございます。

201709cover.JPG

最近の記事:
理想の働き方か?<一匹狼のドクターX>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-09-20-1

解けない暗号を作るには<サイモン・シン『暗号解読 下』>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-09-17-1

トマトちゃん4か月<まだまだこれから>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-09-18-1

幅ありすぎ<誕生日の欲しいものリスト>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-09-13-1

初めての遠足<バスは予定通り動かないよ>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-09-08-1

矛盾している?<休みのためのハードワーク>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-09-05-1

38度7分は高熱?<キャラ君ちょっとダウン>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-09-04-1


901から964へと続く911はこの斜め後ろからの眺めが一番好きです。
rear-quarter-small.jpg


共通テーマ:自動車

理想の働き方か?<一匹狼のドクターX> [oz日記]

ドクターX~外科医・大門未知子~」を見始めました。シーズン1、つまり、2012年のシリーズです。

ちょうど日本にいませんでしたので、知ってはいるけど、じっくり見たことがないテレビドラマです。

多分、東京出張の時の飛行機の中でエピソードを一つか二つ見た程度だと思います。

徹底したリサーチと合理的な働き方、ルールを曲げない姿勢は理想の働き方の一つかもしれません。

それだけの「腕」があれば可能かもという世界ではあるが。。。

2017/09/20<曇> 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

トマトちゃん4か月<まだまだこれから> [oz日記]

次男トマトちゃん、本日4か月を迎えました。

ちょっと風邪をひいていて、心配ではありますが、それ以外は元気で問題はないようです。

いろいろと予防接種をしないといけません。

2017/09/18<台風一過で快晴>
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

解けない暗号を作るには<サイモン・シン『暗号解読 下』> [本棚]

サイモン・シンは下巻で現代に繋がるRSA暗号、PGP暗号、量子暗号について解説していきます。

本書では、
・線文字Bの解読
・公開鍵暗号の誕生
・PGP(プリティー・グッド・プライバシー)の誕生と影響
・量子暗号の可能性
などを取り上げて、比較的平易に暗号の仕組みやその解読方法を説明しています。

感動的なのは線文字Bの解読です。

政治や軍事の暗号はどんどん解読の材料が増えるが、線文字B(ミュケナイ文明)のように古代文字は暗号と似たようなものだが、解読用の文例が増えることがない。ヒントとなる文字の組み合わせもない。

量子暗号の話は次世代の暗号として面白いから今後も発展する可能性があるので、フォローするとして、自分が毎日使用していたDESとトリプルDESの歴史などが解説されていたのが嬉しいです。

本棚に収める前にもう一回読み返しています。

the-code-book-part2.JPG
<本のデータ>
ISBN 978-4-10-215973-6
「暗号解読 下」
サイモン・シン(著)、青木薫(訳)
<内容紹介、本書より>
当時最強を誇ったドイツ軍の暗号機はいかにして破られたのか。「戦争の世紀」が「情報の世紀」へと移り変わるなかで、数学者たちの攻防は続く。RSA暗号、PGP暗号、量子コンピュータ、量子暗号……。ネットや銀行を始め、知らずに我々の周囲に溢れる暗号技術の現在と未来、歴史の背後に秘められた人間ドラマを解き明かす傑作ノンフィクション。巻末に「史上最強の暗号」とその解答を収録。

2017/09/17<台風>
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

幅ありすぎ<誕生日の欲しいものリスト> [oz日記]

買えないですが、誕生日の欲しいものリストを更新しました。

一応、価格が高い順に並べてみたらこんな感じになりました。
ポルシェ911カブリオレ:約1,800万円
ポルシェマカン:約750万円
メルセデスのSUV:約450万円
BMWのSUV:約450万円
ティファニーのGMT腕時計:約100万円
ティファニーのオーダー腕時計:約90万円
オメガのマスタークロノメーター:約70万円
ライカT用レンズ:約23万円
HEXA6脚ロボ:約6万円
LEGOプログラムセット:約6万円
sphero社製スターウォーズの黒いドロイド:約2万円
sphero社製スターウォーズのR2D2:約2万円

上記リストのポイントは、決して並んでいる順番に欲しいわけではないということです。

逆に、誕生日までに必要なものを挙げると、
スーツ3着:約21万円
シャツ6着:約5万円
メガネ:約3万円
全部仕事のもので、自分でもちょっとがっかりしてしまいます。

家族と一緒に使うという意味では、秋の旅行資金(約14万円)があったらうれしいです。

因みに、マニュアルのポルシェを注文すると6から8か月待つことになるようです。ちょうどいいくらいですよね。

ティファニーのオーダー腕時計は、注文から約6週間掛かるようで、注文自体は直接スイスに送られて腕時計を作ってくれるそうです。現在はニューヨークの本店と日本の銀座店でしかオーダー腕時計を扱っていないそうです。今から注文するとちょうど誕生日(11月)に間に合います。

しかし、誕生日に本当に欲しいものは「自分の時間」かもしれませんね。

2017/09/13<晴>
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

初めての遠足<バスは予定通り動かないよ> [oz日記]

キャラ君生まれて初めての遠足です。動物園に行きました。

うまく編集できるかなぁ。キャラ君のコーナーにアップする予定です。

因みに、白いベンガル虎を観ました。
0908white-tiger.JPG

2017/09/08<曇後嵐後晴>
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

矛盾している?<休みのためのハードワーク> [oz日記]

今の職場の問題は、管理者が各人の仕事を管理できていないこと。

長らく部門長を務めてきた私にしてみたら、あまりの「ていたらく」に呆れているというのが実情。

それで、休みを取ろうとすると、元々バックアップがいないので、わざわざバックアップとなる人を任命して、その都度、案件の引継ぎを行うのです。

非合理的ですね。

日頃からサブ担当をおいて、いつでも交代で休むことができる体制を構築しておかないと。

いや、休みじゃなくても、外出や出張もある。

「皆が忙しいのだからそんなことは無理」との発言は嘘だ。場当たり的に案件を振っているから、みんな忙しくなってしまうのだ。

きちんと系統や分野別に担当を決め、繁閑を調整する。それが管理者の仕事なのに、それができない自称・他称「管理職」が多すぎる。

もっと問題なのは、管理職手当をもらっていること。

管理ができないなら、潔く管理者の立場を返上して、一従業員として業務を全うしなくちゃいけないと何故思わないのか。

とにかく半端な管理者ほどプロとしての潔さがない。

さて、本題に戻ると休みを取るためにたくさん仕事をこなさないといけないというのは日本の職場の特徴です。

米国なら自分で自分の仕事をコントロールし、休めば積みあがる。サブがいる場合は、普段からカバーできるよう仕事を教えておくので、休みや出張の時にわざわざ教える必要などない。

もちろんその人たちも自分たちの仕事があるわけですが、メインの仕事に対するサブがいるので同じです。わざわざ引継ぎの事務が発生することはありません。

そういえばマンハッタンのミッドタウンにある大手投資銀行の主任アナリストは、3週間も夏休みを取ってゆっくりリフレッシュしていました。彼のサブは留守中の顧客対応や照会対応を一人でこなしていました。そうやって鍛えられていくのだとも言えますし、普段からそばで仕事をしてカバーできるよう教育されているのかもしれません。

2017/09/05<曇>
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

38度7分は高熱?<キャラ君ちょっとダウン> [キャラのよちよち歩き]

どうもキャラ君は調子が悪い。熱を測ると38度7分。結構な熱のため、解熱剤を飲ませて、一緒に休みます。

2017/09/04<曇>
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

短期記憶障害なのか、単に忘れやすいのか<写真現像> [oz日記]

やらないといけないことが多いので、よく携帯電話のメモ帳に書き込んでいます。

しかし、子育てで忙しいとそれすらする暇もなく時間があっという間に過ぎていきます。

写真の現像をしないといけないのですが、すでに3週間が過ぎていて、週末の度に「写真の現像をしなくちゃ」と思い出すものの、写真屋さんの前を通る度に「あっ、持ってくるの忘れた!」となっています。

最初の子の世話が始まった時は、レストランなどに哺乳瓶や赤ちゃんのものをよく忘れ、妻と二人で「あぁあ、また忘れてきちゃった」とか「あぁあ、なくしちゃった」とがっかりする場面が多かったです。

二人目が生まれ、忘れ物には注意していて、紛失することが減りましたが、やろうと思っていたことを忘れてしまっています。

2017/09/03<曇>
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

暗号の強さとは何か?<サイモン・シン『暗号解読 上』> [本棚]

サイモン・シンは上巻で暗号の歴史と有名な事件を取り上げながら、暗号の仕組みと強さについて解説しています。

私の大好きな「エニグマ暗号」に至る前にいろいろなエピソードのどれもが興味深いです。

本書では、
・アルファベットをずらして暗号化する「カエサル暗号」
・暗号化の鍵(となる単語)を設定して、複数のカエサル暗号を同時に行う「ヴィジョネル暗号」
シャーロック・ホームズの小説に登場する「踊る人形」
・007の作者として有名なイアン・フレミングが英国情報部勤務時に提案した暗号鍵奪取作戦「ルースレス(非常)」
などを取り上げて、比較的平易に暗号の仕組みやその解読方法を説明しています。

上巻のハイライトは、第二次世界大戦のエニグマ暗号(及び暗号器)と解読に成功した数学者アラン・チューリングのエピソードです。

エニグマ暗号の仕組みを知れば知るほど解読が難しいことが実感できますから、それを解読したチューリングら英国の解読班の天才ぶりと努力が並外れていたことも理解できます。

暗号化する仕組みは一読して理解できますが、解読する仕組みは2度読み返しました。解読するのがそれだけ大変であり、その解読のむずかしさがすなわち「暗号の強さ」ということになります。

多くの人がご存知のように、チューリングの貢献は人に知られることなく、彼は同性愛の罪(当時の英国で銅聖愛は犯罪)から、うつとなり自殺してしまいます。戦争終結に果たした役割は死後になって初めて公表され、名誉を回復しました。

当時の多くの暗号解読者たちも戦争終結に果たした役割を公表・公言できず、戦争中は隠れていたとか、前線に出なかった臆病者とさげすまれる辛い戦後を送ったようです。

今でも暗号解読や軍事に関連する人はどれだけその仕事が世の中に貢献しているかを言えず、黙々と働いているようですし、公表されて我々の目に触れるのは真実のほんの一部だけなのかもしれません。

下巻を読むのが楽しみです。

the-code-book.JPG
<本のデータ>
ISBN 978-4-10-215972-9
「暗号解読 上」
サイモン・シン(著)、青木薫(訳)
<内容紹介、BOOKデータベースより>
文字を入れ換える。表を使う。古代ギリシャの昔から、人は秘密を守るため暗号を考案してはそれを破ってきた。密書を解読され処刑された女王。莫大な宝をいまも守る謎の暗号文。鉄仮面の正体を記した文書の解読秘話…。カエサル暗号から未来の量子暗号に到る暗号の進化史を、『フェルマーの最終定理』の著者が豊富なエピソードとともに描き出す。知的興奮に満ちた、天才たちのドラマ

2017/09/02<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -