So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

最新の記事等 [研究日誌]

ご訪問、ご参照頂きましてありがとうございます。

kabuki-za.JPG

最近の記事:
雑司ヶ谷霊園<ルーツその2>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-23-1

都電荒川線<ルーツその1>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-22-1

青の空間<今日も肉の日>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-21-1

昼も夜も<合併した会社の社員>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-20-1

ちょっと変わった名前だが<バタフライピーティー>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-19-1

謎の美少女ならぬ謎の紳士<村上春樹『騎士団長殺し』第1部>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-18-1

その先には何があるのか?<王銘エン『囲碁AI新時代』>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-04-17-1


901から964へと続く911はこの斜め後ろからの眺めが一番好きです。
rear-quarter-small.jpg


共通テーマ:自動車

雑司ヶ谷霊園<ルーツその2> [oz日記]

著名人が埋葬されていることで有名な雑司ヶ谷霊園。思っていたより規模は大きく本当にたくさんの著名人のお墓があります。

<東郷青児の墓>
togo-seiji.JPG

<夏目漱石の墓>
natsume-soseki.JPG

<泉鏡花の墓>
izumi-kyoka.JPG

<大川橋蔵の墓>
okawa-hashizo.JPG

<永井荷風の墓>
nagai-kahu.JPG

ちょっと後悔しているのはジョン万次郎(中濱萬次郎)の墓の写真を撮り忘れたことです。。。

さて、父は嫡男だが、父の母は祖父の正妻ではない。当時の言葉でいうと「お妾さん」。

だから父は、法律上の母(祖父の正妻)とは、折り合いが悪かったのかもしれない。

父の母の墓は、ここ雑司ヶ谷霊園にある。そうだといわれる墓は3つある。

亡くなったのは70年以上前ですので、寺の記録もかなり遡らないとはっきりしない。

ご住職に追加調査をお願いして帰ることにした。

<フリーメーソンの人の崩れた墓石
free-mason.JPG

2017/04/22<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

都電荒川線<ルーツその1> [oz日記]

ルーツ、自分の根源。

父の知られざる過去を覗いてみる機会。

下町を走り抜ける路面電車東京には、今は一つしか路線が残っていません。都電荒川線

ほとんどの都電がバスにとって代わられたが、ここはまだ残っているし、きちんと車両も新しいものに更新されています。

street-car.JPG

2017/04/22<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

青の空間<今日も肉の日> [oz日記]

肉食女子とランチに出かけたと書くと何やら怪しい雰囲気を醸し出せるかもしれませんが、ただ単に本当にお肉を食べるのが好きな職場の女性とお昼ご飯を食べに行きました。

比較的最近発見した隠れ家的レストランでおいしくお肉料理を頂いています。

青が基調の内装は生活感があって気持ちがいいし、若い人が大声でうるさくしゃべるわけでもないし、ちょっと大人な空間として楽しんでいます。

steak-domburi.JPG

2017/04/21<曇>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

昼も夜も<合併した会社の社員> [oz日記]

ワーキングマザーの会・幹事Yさん、はっきりものを言うので好きです。回りくどいことを言わず、必要なことズバッというのは最近ではとてもいい性質だと思います。

今日のランチは、Yさんと仲良しのMさん。Mさんとは初めてお会いしましたが、この人もズバッとものをいうので、好きになりました。結構美人ですが、「あたし、去年、離婚したんです」とちょっとびっくりする個人情報もはっきりと言います。

会社はもっとこういう人の意見を拾って改善していかないといけないと思います。

早く帰りましょうといいながら、午後8時はおろか、午後9時を過ぎ、午後10時近くなっても、某S部署と某H部署はほとんどのメンバーがまだ働いているというありさま。そんなことではいけません!

なんと育休から復活したばかりのママさんまで、まだ働いています。おいおい上長、笑っている場合じゃないぞ、早く帰宅させろ!と思いながら、Kママさんに声を掛けます。

いかんなと思いながらエレベーターに乗ると、某S部署のZさんが足早にかけてきましたので、扉を抑えてあげます。

オフィスの南北に一つずつ駅があるのですが、北駅を利用しているとのことでしたので、駅まで一緒に行くことになりました。「いろいろと大変ですよね」とお互いに慰めとも諦めともつかない会話をしながら10分ほどで駅に着いて別れました。

奇遇ですが、お昼にご一緒したMさんも、今一緒に歩いてきたZさんも4年ほど前に吸収合併した会社出身の社員でした。

2017/04/20<曇>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ちょっと変わった名前だが<バタフライピーティー> [oz日記]

アジア料理食べる時に鮮やかな、或いはトロピカルなものに出会うことがあります。

なんだろうかと頼んでみたのはバタフライピーティー。英語ならばbutterfly pea tea。

すごい名前ですよね。お茶だと分かっているからいいものの、お茶でなかったら、いったい何だろうかと考えちゃいますよね。

頼みましたが、想像以上に鮮やかな色のお茶が登場しました。「アントシアニン」という成分が青い色の元だそうで、アンチエイジング効果があるとのこと。

これにレモンを数滴加えると、色は素敵なムラサキへと変化しました。
butterfly-pea-tea.JPG

お店の人によると味よりも色を楽しむものだそうで、味自体はそれほど変わってはいませんでした。

2017/04/19<曇>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

謎の美少女ならぬ謎の紳士<村上春樹『騎士団長殺し』第1部> [本棚]

村上春樹らしいモチーフとしていわくありげな美少女を挙げる評があるが、いわくありげな紳士といった方が正しい気がする。

『第1部 顕れるイデア編』を読み終えて、ようやく面白くなってきたのは約500ページ(実際には512ページ)の本の80%を読み終えた約400ページあたりという不思議な作品でした。

第1部と第2部両方を借りていますので、一応は読んで返さなくちゃと思っています。たぶん『第2部 遷ろうメタファー編』も美少女の部分だけが印象に残りそうな予感がします。。。

この美少女といわくありげな謎の紳士の関わり合いが面白い。

紳士は謎の商売をしていた(事業を売却したらしい)謎のお金持ちで、イメージとしては米ドラマ『ロイヤル・ペインズ(Royal Pains)』に出てくる謎のお金持ち「ボリス」のもうちょっとトーンダウンしたバージョンです。

今ネットで調べたら、ドラマの邦題は『救命医ハンク」でした。うーむ、この題名には全然「ロイヤル」な部分も「ペイン」の意味も反映されていない。

そういえば、という感じで、書店に立ち寄って村上龍の『半島を出よ』を購入しました。だいぶ昔読んだ『愛と幻想のファシズム』が面白かったので、読み応えがあるだろうと期待しているところです。 

killing-commendatore.JPG
<本のデータ>
ISBN 978-4-1035-3432-7
「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」
村上春樹 (著)
<内容紹介、「BOOKデータベースより>
その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。

2017/04/18<曇>
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

その先には何があるのか?<王銘エン『囲碁AI新時代』> [本棚]

コンピューターが囲碁で人間に勝つのはまだまだ先といわれていた2、3年前の時点で、コンピューターは普通のプロに3目を置いても(先に3手を打つことが許されるという、いわばハンデ)ようやく勝てるかどうか程度の実力でした。あと10年は人間(この場合はプロ)には勝てないといわれてしました。

それがAIとディープラーニングの組み合わせでメキメキ実力をつけ、グーグルが買収したディープ・マインド社が開発した囲碁プログラム『アルファ(AlphaGo)』がトッププロ(イ・セドル九段)を破る(しかも4勝1敗)までになりました。ほぼ1年前の2016年3月のことです。

日本の囲碁ソフトも健闘し、趙治勲(ちょう・ちくん、二十五世本因坊、名誉名人)対『DeepZenGo』の3回勝負では2回戦(2局目)で勝利を収めています。結果は2勝1敗で趙名人が勝利しました。こちらは2016年11月のことです。

そして、ほぼ究極と言えるのが、インターネットの囲碁サイトでプロ相手に60連勝した「Master」です。当初グーグルのアルファ碁の進化版ではないかとの憶測もありました。なぜなら、トッププロに勝利した後、アルファ碁はほとんど表に出ず、進化を続けていたのではないかと思われたからだそうです。一説には、イ・セドルに5戦5勝の完全勝利を予定していたのに、1回負けたからそれは改善の余地が大きいと考えられたからとも。

さて、この「Master」と名乗るアカウントがインターネット囲碁サイト「東洋囲碁」で確認されたのは2016年12月29日。トッププロとの対戦で勝ち続け、16年大晦日までに「東洋囲碁」で30連勝、17年1月5日までに中国の囲碁サイト「野狐囲碁」で30連勝、合わせて60連勝と勝率は100%となりました。

普通に考えたら、100%の勝率というのはあり得ないレベルで、打ち方も含め、人間ではない、つまりAIだろうと予想されていたが、では一体誰(何)なのか?

では「Master」とは誰なのか。ネット上ではあまりの強さに「ヒカルの碁」のサイだと持てはやされた。囲碁の強い人でも最高勝率はだいたい6割で、いくら強い人でもミスが出て100%の勝率は不可能。勝ち方からもAIだと推測された。

結局、100%の勝率、60連勝を達成した段階で、グーグルは「Master」が「アルファ碁」の進化型であることを公表しました。

作者は語のプロであると同時に囲碁ソフトの開発にもかかわってる台湾出身の王銘エン氏、コンピューターの専門家ではないものの、囲碁と囲碁ソフトへの理解から上手に囲碁ソフトの進化やそれの囲碁界への影響を開設しています。

プログラム(囲碁ソフト)が99%の勝率にとどまったならば、そこが限界と認識されますが、100%となるとその先がどうなるのか予想がつかないレベルまで達するのか、すぐ先に限界があるのかは分からなくなります。

それがAIの限界が見えない不気味さであり、「シンギュラリティ」が来た時に人間を超えていく恐怖心に繋がっていくのだろうと思わせます。

ai-go-after-alphago.JPG
<本のデータ>
ISBN 978-4-8399-6254-8
「囲碁AI新時代」
王銘エン (著)
<内容紹介、「BOOKデータベースより>
人類に勝利して1年―、AIは囲碁をどう変えたのか?怒濤の60連勝、アルファ碁の進化版「Master」登場。国内最強ソフト「DeepZenGo」の魅力と可能性。プロ棋士に今後問われることは?トップ棋士による最前線レポート。

2017/04/17<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

さすが有楽町<アップル・ウォッチ・アクセサリー> [oz日記]

通勤途上で転倒し、アップルウォッチが壊れました。生まれて初めて腕時計をぶつけて壊しました。壊れたことがあっても、壊したことがこれまでなかったので、結構ショックです。
cracked.JPG

さて、アップル製品専門店で壊れたアップルウォッチの診断をお願いしたら、完全な修理対象となり、なんと、サイズを下げたら、新品が買えるほどのお金が掛かることが分かりました。お店の人も「もうちょっと出したら新品が買えますね」との感想でした。

修理見積もりの金額を妻に伝えたら、別のアップルウォッチ購入のOKが出ました。正直なところ、即答にびっくり。

ヨドバシアキバに向かいました。移動の電車に乗っている間に、読んでいた本『囲碁AI新時代』が読み終わりました。
ai-go-after-alphago.JPG

アップルウォッチ・シリーズ2なら、GPSも搭載し、アップルペイにも対応していますので、駅の改札は携帯電話を出さなくても対応できます。

しかし、一番の魅力はアップルウォッチに比べ、シリーズ2は機能は増えたが、値段が下がっているのです。ほとんど同じものを買おうとすると、約5万円だったものが、約4万円で買えるのです。

性急に購入せず、違いを確認しながら、次に購入するものを検討しました。

購入までは延命措置が必要でしたが、スクリーンを保護するものが見つかりません。

そこで有楽町のビッグカメラ有楽町店へ移動しました。さすが有楽町、ここでスクリーン保護シートが見つかりました。

今ではあまり種類がないことを考えると、それほどアップルウォッチが売れなかったのと、携帯電話ほど皆がスクリーンカバーを着けなかったことから、保護シートが売れず、商品ラインアップが大幅に縮小されたということなのでしょう。

確かに私の周囲でも保護シートを着けている人は誰もいません。保険はかけているのかもしれませんが。残念ながら、私の場合、購入から1年以上経っていますので、メーカー保証が切れていました。

遅いお昼ご飯はアメリカで上場も果たしたハンバーガー・チェーン「シェイク・シャック」で。
<ベーコン入りのスモーク・シャックとフライとバニラ・シェイク>
0416shake-shack.JPG

元々「シャック」というのは「掘っ立て小屋」という意味で、日本でいえば立ち食いソバ屋の店舗のようなイメージです。この会社は、社名にこだわっており、決算発表では売り上げの推移を前年と比較する時「前年同店舗比較」ではなく、「前年同シャック比較」と表現します。初めて聞いた時はクスっと笑ってしまいました。

食べ終わり、アップルウォッチにスクリーン保護シートを貼りました。

お茶の時間にオフィスの後輩とその新婚の奥さんと待ち合わせです。この夫婦は、金融問題、政治問題(国内外)、教育問題、雇用問題などなど、幅広い興味を持っていますので、話は尽きず、夕方まで盛り上がりました。

別れて、興味のあるボールペンを購入しにロフトへ。3回ほど手に取って考えたのですが、今回はやめて、ガンガン使える普段使いの万年筆を購入しました。

夕食は隣にある「紅虎餃子房」へ。ここも久しぶりです。酸辣湯麺も魅力的でしたが機能食べたばかりですので、今夜は角煮入り担々麺・黒です。担々麺は汁の種類により、黒、白、紅(赤)の3つから選ぶことができます。この店に来て外せないのが、鉄鍋棒餃子。

<角煮入り担々麺・黒>
black-dandan-noodles.JPG
<鉄鍋棒餃子>
panfried-gyoza.JPG

帰りの電車の中で、読んでいた本『騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編』を読み終えました。やっとWさんに返すことができる。自身が読まれる前に貸して下さっていました。
killing-commendatore.JPG

それにしても、上巻約500ページの本で、やっと面白くなったのが400ページ前後。どうなんでしょうか、かなりの駄作という評判ですが。私は久しぶりに村上春樹の作品を読みましたが、「こんなだっけ?」というのが今のところの感想。

2017/04/16<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

さすが秋葉原<スター・ウォーズ関連グッズの展示> [oz日記]

ヨドバシアキバの6階にあるおもちゃ・ホビーフロアのスター・ウォーズ・コーナーの前の展示です。お人形が音楽に合わせて踊っています。
starwars-dolls.JPG
今日は『スター・ウォーズ・ストーリー ローグ・ワン』のDVD発売日を確認したかったのです。

秋葉原に行く前に母と妹と食事をしましたが、さらりとおいしい酸辣湯麺(スーラータンメン)。元々はスープだけで、日本で麺を加えたのでしょうか。
suan-la-tang.JPG
また、漢字の表示に近い発音をしたようで、本来は「スンラータン」と発音するようです。

デザートは杏仁豆腐>
almond-pudding.JPG

夜ご飯は秋葉原で久しぶりに牛カツ。
beef-cutlet.JPG

2017/04/15<晴時々曇>
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -