So-net無料ブログ作成
検索選択

顔の一部の写真から特定<鑑定技術と情報収集> [研究日誌]

数日前の毎日新聞の記事に、大幅な速度超過の話題が載っていました。

場所は北海道なのですが、法定速度を88キロ超える速度で乗用車を運転したとして、道警旭川方面本部交通課は8日、滝川市有明町3、山本友昭容疑者(22、無職)を道交法違反(速度超過)の疑いで逮捕したそうです。88キロオーバーもすごいですが、60キロの道ですから、制限速度の2倍以上の速度で走っていたことになります。

私は北海道には行ったことがありませんが、行った人の話によるとまっすぐな道が多く、景色があまり変わらないから速度感覚が麻痺するらしいです。

しかし、それは道外から来た人の意見で、地元の人は年がら年中スピードを出しているわけではないでしょう。そうなると、この山本容疑者は特別なのかもしれません。

取調べによると、5月15日午前0時20分ごろ、法定速度60キロの深川市音江町向陽の国道12号を148キロで走行した疑いで逮捕されています。自動速度取締装置(「オービス」)が感知した際、頭からトレーナーを被っていたが、目や鼻など顔の一部が写っていたため、道警科学捜査研究所の鑑定で割り出したそうです。今は顔の一部が判明しているといろいろなデータの組み合わせから個人を特定できると言うことですね。驚きです。さすが日本の警察だと言えるかもしれません。

ただ、ここでちょっと気になるのは、この容疑者の場合、顔の一部から鑑定で割り出したことになっていますが、既にどこかで顔の一部或いは全部を撮影していて、その画像と今回の画像を照合するなどの方法で特定したわけですよね。

つまり、もしかしたら本人の許可なく警察は顔などの画像を撮影して、蓄積しているのではないかという疑問が湧くわけです。免許の書き換えの時など写真を撮られていますし、どこかのセンター(免許センター?)に全国の免許証の写真データが集約されているという話も聞いたことがありますし、ちょっと怖いですね。警察が本来の目的以外で国民の顔写真や個人データを使っていないと言う保証はないわけですから。

2007/11/12<晴>


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 4

おはようございます、なにもここまでやらなくてもって感じです。
警察は他にもやるべきことがいっぱいあるのではないかと思います。
by (2007-11-13 06:54) 

くるりん

確かに北海道は、まっすぐな道が延々と続いていて、周りに障害物が何もなく見渡せますので、ついついとスピードを出したくなる気持ちはわかります。22歳ですから、若気の至りでしょう。高い勉強代になったと思います。
オービスでは、ナンバーも撮られていると思いますので、もしオーナー自身が運転していた場合は、写真の蓄積はなくても後から照合できますね。
でも、それは別として、知らないところで個人情報が使われている可能性は高いですげ。
by くるりん (2007-11-13 09:26) 

dragon13

Syunさん、
危険な行為を許していたらキリがありませんし、もし事故になっていたら大変なことですよね。
by dragon13 (2007-11-14 02:04) 

dragon13

くるりんさん、
ナンバーが写っていたかどうかははっきりしませんが、前のプレートを外していた可能性がありますね。
交通監視システムの導入・運用は以前から話題になっています。防犯や危険運転車両の取り締まりに使用されればいいのですが。。。
by dragon13 (2007-11-14 02:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。