So-net無料ブログ作成
検索選択

単体としては見ごたえあり<映画「Ghost in the Shell(邦題:ゴースト・イン・ザ・シェル、2017)> [Movies 映画]

マンガの実写化というのは難しいです。もっと言うならば、小説の映画化も、本来は難しいものです。読者やファンがいればいるほど、「自分のイメージと違う!」という声が出てくるものです。

CG技術が進化し、これまで実写化不可能だったとか、映像化が難しいと言われていた作品が実写化されています。

今回の「Ghost in the Shell」は日本のアニメの実写化です。本来、主人公「少佐」が東洋系の女性という設定ですが、白人のスカーレット・ジョハンソンが演じるということで、「漂白」という批判を受けています。ハリウッドで映画化するというのはそういうことだと理解するしかないように思います。

主演についていえば、Margot Robbieを主演に構想が練られていた時期もあるということでコンセプトアートを見ることもできますが、それはそれで、興味深い作品になったかもしれません。

日本人の案では菊地凛子が演じたらどうかと盛り上がった時期もあります。

勝手な提案をするなら、高月彩良(たかつき・さら)がいいなと思います。美人でアクションもこなせると思います。黒木メイサと同じ芸能事務所の後輩でもあるそうで、以前だったら黒木メイサを少佐役にというところ、最近はちょっとイメージが違うかなぁ。。。高月嬢主演で、NetflixやHBO、Amazonでオリジナルドラマ化もいいかも。

因みに、この女優さんを知ったのは、たった1週間前なので、どういった経歴かとか、過去の作品とかは分かりませんが、レンタルして観たドラマ『石川五右衛門』に出ていました。将来性のある女優さんだと思っています。

さて、本作の最大の魅力は映像であることは確かです。よくできています。感想としては「こんな感じだ」。

圧巻なのは、脳を格納して、義体(サイボーグの体)が作られていく過程の映像です。アニメのものとほとんど変わらない感じがしました。

<以下、一部ネタバレあり。興味ある方は注意してお進みください。>

登場人物では少佐と荒巻9課長(世界のキタノこと、ビートたけし)がメインとなっています。バトーもトグサもサイトーも活躍します。

ビートたけしに出てもらいたかったという監督の気持ちがわかる演出の仕方だなぁと思ました。弾数が限られてしまうものの、リボルバーを使う点が、荒巻らしさというべきか、ビートたけしのイメージか。

バトーが登場した段階であれっと思ってしまうのは、目が違うから。初めは「これがバトーか?」と思ってしまいましたが、後の展開で、一応納得。

多分ファンが多い、トグサは今回ちょっとマイナーな役どころに収まっていました。映画館で「どうしてトグサは中国人が演じていたの?」という女性ファンの声が聞こえ、アニメのファンならではの感想だと思いました。演じていたのはChin Han(秦漢)、正確に言うと中華系シンガポール人。まぁ、民族的には中国人という分類は間違いではないです。「The Dark Knight」(2008年)で香港の企業家で裏の顔のあるラウを演じていました。作中の設定が日本人ならば、日本でもハリウッドでもいいので、日本人が頑張って役を獲得して出演してほしいですよね。

映像化は嬉しいのですが、作品としては単体で頑張らないといけない分、人物描写や背景説明が不十分となってしまう点は仕方がありません。だから、本記事の題名通り、「単体としては見ごたえあり」なのです。

3部作を作るつもりで、作ったならば、もっと少佐の過去を描くとか、バトー、トグサ、さらに言えば荒巻の過去すら絡めることができたかもしれません。

少佐の過去が本来の設定とかなり違うので、この点はがっかりでした。謎の部分を謎として残しながら、話の余韻を残してほしかった。

この点を部下のアナリストで、映像・メディアを担当している者に聞くと、どうしても米国の映画ファンは完結しないと納得しないらしく、死んだと思ったキャラクターが最後にひょっこり現れたりするのはそのためなのだとか。昔、滝から落ちて死んだと思ったシャーロック・ホームズが家に戻ってきた(2011年「Sherlock Holmes: A Game of Shadows」)のは、そのためと説明されました。原作を知っている人のしてみたら、「ここではまだ戻らないよね…」と感じたものです。

もう一つ考えさせられたのは、ここにもKaori Momoi(桃井かおり)が登場します。それこそ中国人が獲得しそうな役なのに、しっかりと日本人として出演していますが、彼女は米国俳優組合(Actors' Guild?)の会員なのでしょうか?2005年の「SAYURI(Memoirs of a Geisha)」にも、芸者役の女優陣が軒並み中国系の女優だった中、日本人の「お母さん」役でした。


<参考図書>
Arthur Koestler: The Ghost in the Machine (1967) ISBN 0-14-019192-5
Gilbert Ryle: The Concept of Mind (1949) ISBN 0-226-73295-9

ghost-in-the-shell.JPG
(データ)
Ghost in the Shell (2017)
Arad Productions, DreamWorks, Paramount Pictures
director: Rupert Sanders, 107 Mns
starring: Scarlett Johansson, Pilou Asbaek, Takeshi Kitano, Juliette Binoche, Chin Han, Kaori Momoi
(あらすじ)
近未来、機械と人間の境目が低くなっていく中、サイバー犯罪に対応する「少佐」と「9課」は政府ともつながりのある人工義体製造会社のハンカ社に対するサイバー犯罪の捜査を進める。世界中にファンがいる「攻殻機動隊」の原作『Ghost in the Shell』の実写映画化。

2017/04/08<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車