So-net無料ブログ作成
検索選択
Movies 映画 ブログトップ
前の10件 | -

ミセス・ロビンソン<映画『卒業』(1967)> [Movies 映画]

アメリカン・ニュー・シネマを代表する映画で、使われている音楽がサイモン&ガーファンクルの代表曲『サウンド・オブ・サイレンス』。一度はきちんと見ておくべき映画の一つです。

それはさておき、久しぶりに映画を観ると、「こんな場面あったっけ?」「あれ、セリフが覚えていたものと違う!」など、いろいろな発見があるものです。

60年代後半から70年代前半くらいのアメリカ映画は「アメリカン・ニュー・シネマ」と日本では呼ばれています。

この時代はアメリカがベトナム戦争へ介入したものの、勝てない現実を目の当たりにして、米国民の自国への信頼感が音を立てて崩れていった時期でした。

政治への不信から、アメリカの内包していた矛盾点(若者の無気力化・無軌道化、人種差別、ドラッグ、エスカレートしていく暴力性など)に焦点が集まるようになりました。

アメリカン・ニュー・シネマはこのようなアメリカの当時の世相を反映していたと言われています。

この『卒業』のほか、『俺たちに明日はない(Bonnie and Clyde)』、『イージー・ライダー(Easy Rider)』、『明日に向かって撃て!(Butch Cassidy and the Sundance Kid)』、『真夜中のカウボーイ(Midnight Cowboy)』、『フレンチ・コネクション(The French Connection)』、『ダーティ・ハリー(Dirty Harry)』、『ペーパー・ムーン(Paper Moon)』、『タクシー・ドライバー(Taxi Driver)』等が代表作とされています。

この時代、ダスティン・ホフマン、ジャック・ニコルソン、ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、フェイ・ダナウェイ、キャサリン・ロス、ピーター・フォンダ、ジーン・ハックマン、ジョン・ヴォイトが銀幕に登場し、ずっと活動を続けています。

さて、『卒業』で娘エレーン役のキャサリン・ロス、どこかで見たなぁと思っていたら、『明日に向かって撃て!』に出ていました。この映画はポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが初めて共演したもので、もう一つの共演作品は1973年の『ステイング(The Sting)』。ともに私の大好きな映画です。

自分でも意外だったのは、主人公ベンジャミン(ダスティン・ホフマン)が運転していたのはアルファ・ロメオのスパイダーだったことを忘れていたことです。特徴のある車が出ている映画はほとんど忘れないと思っていましたが、人間の記憶には限界があるのか、忘却の期限があるのか、すっかり忘れていました。

(データ)
The Graduate (1967)
Lawrence Turman
director: Mike Nichols, 106 Mns
starring: Dustin Hoffman, Anna Bancroft, Katharine Ross
(あらすじ)
大学を卒業したベンジャミンはこれからどうしようか考えていたところ、父親のビジネスパートナー、ロビンソンさんの妻・ミセス・ロビンソンから誘惑され、逢瀬を重ねることに。不倫は終わったものの、父母の勧めでロビンソン家の娘エレーンと交際することとなったベンジャミンを、ミセス・ロビンソンが妨害し始める。

2017/06/11<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ジェダイのいないスターウォーズ2<映画『ローグ・ワン』> [Movies 映画]

ブルーレイディスクを購入したので、何度も見ていますが、『ローグ・ワン』は冒険らしい冒険物語に出来上がっていたのが、人気の出た理由のように思います。

「旅は道連れ」的に、行く先々で出会った人たちが仲間となり、旅をつづけ、やがては目的を達する、英語でいえば「road movie」の要素をきちんと詰め込んだところが冒険映画として成功した理由ではないでしょうか。

ジェダイが出ていない。それではジェダイの武器であるカイバー・クリスタルの産地であり、聖地の一つであるジェダの町(町自体が巨大な寺院と言える)を守っているのは誰かと言いますと、この映画にも登場する「ウィルズの守護者」たちです。

彼ら守護者たちはフォースが使えるわけではないが、それを信じて、修行し、ジェダの町を守っているのです。傭兵のように考えることもできますが、チアルート・イムウェのようにフォースを信じている者もいます。

この作品で、個人的にはダースベーダーのシーンが最もよかったと思っています。ジェダイが出ていない映画だと言いつつも、他を圧倒する強さの元ジェダイにしてシスの暗黒卿ダースベーダーの登場は期待していたファンにはたまらないものがあったでしょう。

暗闇に赤いライトセーバーが光り、黒いボディを照らしている登場シーンは反乱軍の兵士にはとてつもない恐怖を与えたでしょうね。

明日は5月4日「May the Fourth」ですが、スターウォーズのファンにとっては「may the force (be with you)」の日です。全米で、いや世界中でイベントが展開されますが、やはりストームトルーパーのマーチ(行進)が目を引くでしょうね。

なお、私は明日から38度線見学に行ってきます。それと念のために書いておきますと、板門店には韓国料理屋も中華料理屋もありません。
journey.JPG

2017/05/03<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ジェダイのいないスターウォーズ1<映画『ローグ・ワン』> [Movies 映画]

昨年12月に公開された『ローグ・ワン』はいい作品でした。スターウォーズの世界では重要なジェダイが登場しないということで、「スターウォーズ=ジェダイ」という認識の観客には若干不評だったようです。

私はよくできた作品だと思いましたので、今回は発売後すぐにブルーレイディスクを購入しました。

こういった作品の好きな甥っ子と購入後、自宅で一緒に観ました。

作品の初めの方で、公開時に気が付かなかったことに、岩山だと思っていたものが、どうも倒れた古代のジェダイの石像のようなのです。

こういうことはビデオが発売されて、じっくり見られるようになると分かることであり、発見する楽しみだと思います。

ツタヤのレンタルコーナーには何十本と用意されていましたが、全部「貸出中」になっているところを見ると、楽しみにしていた人はかなりいるようです。

さて、前回の記事(*)にも書きましたが、「外伝」ですので、「正史」には登場しない物語となるだろうとの考えは当たっているように思います。

*前回の記事:『いいね、Star Warsの外伝「Rogue One」!<映画「ローグ・ワン」(2016)>』http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2016-12-17-1

なぜそう思うかと言いますと、公開された「エピソード4・新たなる希望」では、この作戦について一切言及されていません。

この作品にも登場するモスマ司令官は全く言及しませんし、ベイル・オルガナ議員はオールデランとともに死んでしまいます。レイアも言及しませんし、エピソード4最後の表彰式でも「知られざる名もなき戦士たち」への言及も表彰もありません。

まさに隠密作戦、それとも闇のかなたに葬られた影の歴史なのか。

作中、ブラックユーモアもあって、ドニー・イェン演じる盲目の戦士チアルート・イムウェがソウ・ゲレラ(フォレスト・ウィテカー)のところに連れて行かれる場面で、目隠しをされますが、その際チアルートは「本気か?俺は盲目だぞ」と叫びます。

(データ)
Rogue One: A Star Wars Story (2016)
Lucasfilm, Walt Disney Studios Motion Pictures
director: Gareth Edwards, 134 Mns
starring: Felicity Jones, Diego Luna, Alan Tudyk, Donnie Yen, Wen Jiang, Ben Mendelsohn, Forest Whitaker, Riz Ahmed, Mads Mikkelsen, Jimmy Smits
(あらすじ)
盗賊ジンは反乱軍モスマ司令官に帝国軍の新兵器の設計図奪取を依頼される。ジンの父ゲイレンが新兵器の設計者であり、師ソウ・ゲレラが帝国に対する反乱勢力の中心人物の一人だ。ジンは作戦の途中で出会った仲間とともに困難な依頼に立ち向かっていく。

2017/04/29<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

単体としては見ごたえあり<映画「Ghost in the Shell(邦題:ゴースト・イン・ザ・シェル、2017)> [Movies 映画]

マンガの実写化というのは難しいです。もっと言うならば、小説の映画化も、本来は難しいものです。読者やファンがいればいるほど、「自分のイメージと違う!」という声が出てくるものです。

CG技術が進化し、これまで実写化不可能だったとか、映像化が難しいと言われていた作品が実写化されています。

今回の「Ghost in the Shell」は日本のアニメの実写化です。本来、主人公「少佐」が東洋系の女性という設定ですが、白人のスカーレット・ジョハンソンが演じるということで、「漂白」という批判を受けています。ハリウッドで映画化するというのはそういうことだと理解するしかないように思います。

主演についていえば、Margot Robbieを主演に構想が練られていた時期もあるということでコンセプトアートを見ることもできますが、それはそれで、興味深い作品になったかもしれません。

日本人の案では菊地凛子が演じたらどうかと盛り上がった時期もあります。

勝手な提案をするなら、高月彩良(たかつき・さら)がいいなと思います。美人でアクションもこなせると思います。黒木メイサと同じ芸能事務所の後輩でもあるそうで、以前だったら黒木メイサを少佐役にというところ、最近はちょっとイメージが違うかなぁ。。。高月嬢主演で、NetflixやHBO、Amazonでオリジナルドラマ化もいいかも。

因みに、この女優さんを知ったのは、たった1週間前なので、どういった経歴かとか、過去の作品とかは分かりませんが、レンタルして観たドラマ『石川五右衛門』に出ていました。将来性のある女優さんだと思っています。

さて、本作の最大の魅力は映像であることは確かです。よくできています。感想としては「こんな感じだ」。

圧巻なのは、脳を格納して、義体(サイボーグの体)が作られていく過程の映像です。アニメのものとほとんど変わらない感じがしました。

<以下、一部ネタバレあり。興味ある方は注意してお進みください。>

登場人物では少佐と荒巻9課長(世界のキタノこと、ビートたけし)がメインとなっています。バトーもトグサもサイトーも活躍します。

ビートたけしに出てもらいたかったという監督の気持ちがわかる演出の仕方だなぁと思ました。弾数が限られてしまうものの、リボルバーを使う点が、荒巻らしさというべきか、ビートたけしのイメージか。

バトーが登場した段階であれっと思ってしまうのは、目が違うから。初めは「これがバトーか?」と思ってしまいましたが、後の展開で、一応納得。

多分ファンが多い、トグサは今回ちょっとマイナーな役どころに収まっていました。映画館で「どうしてトグサは中国人が演じていたの?」という女性ファンの声が聞こえ、アニメのファンならではの感想だと思いました。演じていたのはChin Han(秦漢)、正確に言うと中華系シンガポール人。まぁ、民族的には中国人という分類は間違いではないです。「The Dark Knight」(2008年)で香港の企業家で裏の顔のあるラウを演じていました。作中の設定が日本人ならば、日本でもハリウッドでもいいので、日本人が頑張って役を獲得して出演してほしいですよね。

映像化は嬉しいのですが、作品としては単体で頑張らないといけない分、人物描写や背景説明が不十分となってしまう点は仕方がありません。だから、本記事の題名通り、「単体としては見ごたえあり」なのです。

3部作を作るつもりで、作ったならば、もっと少佐の過去を描くとか、バトー、トグサ、さらに言えば荒巻の過去すら絡めることができたかもしれません。

少佐の過去が本来の設定とかなり違うので、この点はがっかりでした。謎の部分を謎として残しながら、話の余韻を残してほしかった。

この点を部下のアナリストで、映像・メディアを担当している者に聞くと、どうしても米国の映画ファンは完結しないと納得しないらしく、死んだと思ったキャラクターが最後にひょっこり現れたりするのはそのためなのだとか。昔、滝から落ちて死んだと思ったシャーロック・ホームズが家に戻ってきた(2011年「Sherlock Holmes: A Game of Shadows」)のは、そのためと説明されました。原作を知っている人のしてみたら、「ここではまだ戻らないよね…」と感じたものです。

もう一つ考えさせられたのは、ここにもKaori Momoi(桃井かおり)が登場します。それこそ中国人が獲得しそうな役なのに、しっかりと日本人として出演していますが、彼女は米国俳優組合(Actors' Guild?)の会員なのでしょうか?2005年の「SAYURI(Memoirs of a Geisha)」にも、芸者役の女優陣が軒並み中国系の女優だった中、日本人の「お母さん」役でした。


<参考図書>
Arthur Koestler: The Ghost in the Machine (1967) ISBN 0-14-019192-5
Gilbert Ryle: The Concept of Mind (1949) ISBN 0-226-73295-9

ghost-in-the-shell.JPG
(データ)
Ghost in the Shell (2017)
Arad Productions, DreamWorks, Paramount Pictures
director: Rupert Sanders, 107 Mns
starring: Scarlett Johansson, Pilou Asbaek, Takeshi Kitano, Juliette Binoche, Chin Han, Kaori Momoi
(あらすじ)
近未来、機械と人間の境目が低くなっていく中、サイバー犯罪に対応する「少佐」と「9課」は政府ともつながりのある人工義体製造会社のハンカ社に対するサイバー犯罪の捜査を進める。世界中にファンがいる「攻殻機動隊」の原作『Ghost in the Shell』の実写映画化。

2017/04/08<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

暗殺集団対テンプル騎士団<映画「Assassin's Creed(邦題:アサシンクリード、2016)> [Movies 映画]

「アサシン・クリード」というビデオゲームテレビゲーム)を元にした映画です。

映画がどこまでゲームに忠実なのかはわかりませんが、映画は単体でも面白いです。遺伝子の中の情報を取り出すという科学的設定と闘いのスピード感が興味を引き付けて、最後まで楽しませてくれます。

ゲームがベースのくだらない映画だとの批評が結構聞かれますが、なかなかよくできていて、私は楽しめました。逆にもう少し細かく描きこんでほしいとも感じました。

主人公カラム・リンチ/アギーラを演じるのはMichael Fassbender(マイケル・ファスベンダー)。『X-men』のErik/Magnito(マグニート)やエイリアンの前日譚『プロメテウス』のアンドロイドDavid(デイビッド)を演じています。

ドイツ人とアイルランド人の両親を持つハンサムな俳優です。今後もクールかつハードな役を演じていくと思います。

研究者のソフィー・リーキン博士役のMarion Cotillard(マリオン・コティヤール)、相変わらずきれいです。

ソフィーの父親役のJeremy Irons(ジェレミー・アイアンズ)。しゃべり方が重厚感を増している気がします。最近では『バットマン対スーパーマン』のウェイン家の執事アルフレッド役がありましたが、私は2011年の映画『マージン・コール』の謎の銀行オーナー、ジョン・タルド役やテレビシリーズ『ザ・ボージャス』(2011-2013)のロドリゴ役が好きでした。

現代テンプル騎士団の長老会のリーダー、エレン・ケイ役にCharlotte Rampling(シャーロット・ランプリング)が出ていますが、「あ、ここにも出ている!」という感じです。ジェレミー・アイアンズ同様、知的な悪役が似合います。

それにしても、欧米人は相変わらず謎の暗殺集団やテンプル騎士団の対決等が好きですね。

また、最後には「なるほど!」となりますが、1492年のアンダルシア(スペインの一地方)から物語が始まります。ネタバレです。世界史を勉強した人はすぐにわかりましたね。。。

assassin's-creed.JPG
(データ)
Assassin's Creed (2016)
Regency Entertainment, Ubisoft, New Regency Pictures
director: Justin Kurzel, 115 Mns
starring: Michael Fassbender, Marion Cotillard, Jeremy Irons, Charlotte Rampling
(あらすじ)
人類の未来を変え得る秘宝の行方を追うアブスターゴ社は、遺伝子に蓄積されている記憶を解読することができる新技術を活用して、その秘宝を探していた。
秘宝の隠し場所を知る最後の人物、暗殺集団のリーダー、アギーラの末裔であるカラム・リンチの遺伝子に隠された記憶をよみがえらせて見つけ出そうとします。

2017/03/06<曇時々雨>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

激突!<映画「Collide(邦題:アウトバーン、2016)> [Movies 映画]

アウトバーンを高性能車で激走する場面はかっこいいですが、内容となるとそれほど難しくありません。

主人公ケイシーを演じるNicholas Hoult(ニコラス・ホルト)はX-menにも出ています。なかなかハンサムで笑顔も素敵な男性です。

恋人ジュリエット役のFelicity Jonesは「ローグ・ワン」にも主演していました。こちらの役の方が可愛くていい感じがしました。

邦題はともかく、原題は「激突」とか「衝突」という意味で、ケイシーが二つの組織が激突するど真ん中にいることと、アウトバーンで車が激突することと掛けてあるようです。

(データ)
Collide (2016)
42, Automatik Entertainment, DMG Entertainment
director: Eran Creevy, 99 Mns
starring: Nicholas Hoult, Felicity Jones, Anthony Hopkins, Ben Kingsley
(あらすじ)
ケイシーは恋人ジュリエットの病気治療のために、麻薬取引を襲撃するが、失敗し、組織に追われることになる。

2017/02/26<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

紹介のチラシの画像追加<映画「The Accountant(邦題:ザ・コンサルタント、2016)> [Movies 映画]

既に記載した記事に画像を追加しました。
the-accountant.JPG
意外と実在するかもしれない設定<映画「The Accountant(邦題:ザ・コンサルタント、2016)>
http://slate-grey.blog.so-net.ne.jp/2017-01-05-1

なお、本編に登場するバーレット狙撃銃(Barrett Model 82A1)は50口径です。

50口径というのは英語で書くと50 Caliber(フィフティ・キャリバー)となり、意味としてはインチ単位で0.50つまり1インチの半分ということです。1インチの半分となるとメートル法では12.7mm、直径が1センチを超える弾丸です。長距離狙撃に使用されることも多く、破壊力も相当あるとされています。

私は45口径の弾までしか撃ったことがないのですが、それでも十分以上の威力と反動がありましたので、反動を吸収する狙撃ライフルでなければ正確に撃てないだろうと思ってしまいます。

2017/01/05<晴>
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

意外と実在するかもしれない設定<映画「The Accountant(邦題:ザ・コンサルタント、2016)> [Movies 映画]

世界中の犯罪組織やテロリストの会計処理を請け負っている通称「ザ・カウンタント(=会計士)」を追っている米財務省犯罪捜査部のレイモンド・キング部長(J.K. Simmons)はアナリストのマリベス・メディーナ(Cynthia Addai-Robinson)を捜査官に引き上げて、捜査を担当させます。

メディーナ自身も弱みがあり、懸命に会計士の正体を突き止めようとします。

会計士であるクリスチャン・ウルフ(Ben Affleck)はシカゴ郊外の片田舎で会計事務所を営み、地元民の税金対策の相談に乗っていた。

ウルフは義肢製造会社の会計監査を依頼され、材料や部品・在庫の減価償却等の複雑な会計処理の解明に取り組みます。

やや不審な点があることを発見したデイナ・カミングズ(Anna Kendrick)は数か月格闘しますが、ウルフが一晩で問題点を整理して不正経理の痕跡を発見します。

完全に不正経理の仕組みを解明する前にウルフは契約を解除され、デイナとともに命を狙われます。

ウルフはデイナを守ることができるか?

(日本では一般公開されていませんので、ストーリーについてはここまで…)


自閉症の主人公。1988年の映画「Rain Man(レインマン)」を思い起こさせる設定です。ダスティンホフマンとトム・クルーズという異色の組み合わせが話に深みを与えていました。

この作品でも自閉症の主人公が卓越した数学の才能・能力を示します。必ずしもそうとは限らないのでしょうけど、そういう才能・能力を示すケースがあるといわれています。

the-accountant.JPG
(データ)
The Accountant (2016)
Warner Bros., Electric City Entertainment, RatPac-Dune Entertainment
director: Gavin O'Connor, 128 Mns
starring: Ben Affleck, Anna Kendrick, J.K. Simmons, Cynthia Addai-Robinson
(あらすじ)
犯罪組織やテロリストの会計処理をしている通称「会計士」の正体に財務省犯罪捜査部のレイ・キング(J.K. Simmons)とマリベス・メディーナ(Cynthia Addai-Robinson)が近づきつつあった。
著名な数学者の名を語りながら生き延びてきた会計士クリスチャン・ウルフ(Ben Affleck)は、義肢製造会社の帳簿の監査を頼まれる。
帳簿の不正に気が付いたデイナ・カミングズ(Anna Kendrick)とともに命を狙われることとなったクリスチャンは、依頼主ラマー・ブラックバーン(John Lithgow)に逆襲を開始する。

2017/01/05<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

いいね、Star Warsの外伝「Rogue One」!<映画「ローグ・ワン」(2016)> [Movies 映画]

この物語はスターウォーズの「正史」に登場しないものだろうと思いますが、抜け落ちていた重要事実を埋めてくれることは確かです。

1977年公開の映画「スターウォーズ」(後の「新たなる希望」)の出だしの場面で、外交特権を持った外交使節用宇宙船(外殻に赤い帯が塗ってある)が帝国軍の大型宇宙船スター・デストロイヤーに追われているのが描かれています。

使節はAlderaan(アルデラン或いはオールドラン)星のLeia(レイア)姫で、密かに反乱軍に帝国の新兵器「Death Star(デス・スター)」の設計図を届けようとしていた。

さて、ここで思うのは、「出だしは分かったし、物語の設定も分かった。でも、誰がどうやって設計図を盗み出したの?レイア姫が直々に盗み出して逃走しているの?」といったあたり。

ファンならば、40年近くもずっとモヤモヤしてきたはずだ。そこで、この長らく存続し続けた疑問に答えるのが、今回の映画「ローグ・ワン」となります。

まだご覧になっていない方もいらっしゃるでしょうから、ストーリー等は記載しませんが期待を超えるものだったといえます。

冒頭に、スターウォーズの「正史」に登場しない物語だろうと書いたのは題名に「A Star Wars Story」と書かれていて、スターウォーズの物語そのものではなく、スターウォーズの世界の中の物語の一つと銘打っているからです。

現在、制作を統括しているディズニーにしてみたら、スターウォーズ正史の「エピソードXX」を続ける傍ら、たくさんの「A Star Wars Story」を作ることができるでしょう。

pamphlet-rogue-one.JPG
(データ)
Rogue One: A Star Wars Story (2016)
Lucasfilm, Walt Disney Studios Motion Pictures
director: Gareth Edwards, 134 Mns
starring: Felicity Jones, Diego Luna, Alan Tudyk, Donnie Yen, Wen Jiang, Ben Mendelsohn, Forest Whitaker, Riz Ahmed, Mads Mikkelsen, Jimmy Smits
(あらすじ)
盗賊ジンは反乱軍モスマ司令官に帝国軍の新兵器の設計図奪取を依頼される。ジンの父が新兵器の設計者であり、師が帝国に対する反乱勢力の中心人物の一人だ。ジンは作戦の途中で出会った仲間とともに困難な依頼に立ち向かっていく。

2016/12/17<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

冬はスターウォーズのシーズン<ローグ・ワンに期待> [Movies 映画]

いつの間にか12月中旬です。そして、新しいスターウォーズ映画「ローグ・ワン」の公開時期となっていました。

今回の作品は、これまで描かれていなかったデス・スター攻略プランの強奪作戦を取り上げています。

ルーク・スカイウォーカーもハン・ソロもまだスターウオーズの「歴史」に登場する前です。

スターウォーズにはそうした部分が結構あります。

エピソード4では「クローン戦争」の話題が出て、後からそれを描いたエピソードが作られました。

2016/12/16<晴>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - Movies 映画 ブログトップ